セブン?イレブン・ジャパンと災害時の物資供給等に関する協定を締結

災害時の物資供給等に関する協定の概要

平成29年3月24日に株式会社セブン-イレブン・ジャパンと「災害時の物資供給及び店舗営業の継続又は早期再開に関する協定」を締結しました。
 この協定は、大規模災害が発生した際に、町の要請により食料品や生活用品などを可能な限り供給を受けること、町民の生活安定を確保するため、店舗の営業継続又は早期営業再開を要請できることを目的としています。
 また、町が提供した防災・災害情報を来店者等に対し、店舗にて情報の提供をしていきます。
 締結式には、セブン-イレブン・ジャパンの二ツ木 良旭川北地区ディストリクトマネージャー、美深西1条店の大池辰美オーナーが出席し、物資の供給等の協力協定書を交わしました。
 なお、同社とは同日付けで要援護者の地域見守りについても協定を締結しました。

※下記の書類を、PC版にて公開しております。

  • 災害時の物資供給及び店舗営業の継続又は早期再開に関する協定書 (PDF:930KB)

※下記の書類を、PC版にて公開しております。

  • セブンイレブンとの災害協定の概要 (PDF:196KB)
▲上に戻る

お問い合せ・担当窓口

総務課 総務グループ

▲上に戻る

最終更新日: 2017/03/28

情報発信元: 総務課 総務グループ

関連カテゴリー


●ホーム / 各課からの案内 / 総務課 / 総務グループ