北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 保健福祉課
  4. 保健福祉グループ
  5. 保健係
  6. 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

世界各国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症については、道内においても感染者が増加しています。
皆様におかれましては、次の内容に留意していただきますようお願いします。

注意事項

(1)感染予防対策をしましょう

季節性インフルエンザと同様に、こまめな手洗いや咳エチケットなどの通常の感染症対策に努めてください。
咳や鼻水、のどの痛みなどの呼吸器症状がある場合は、マスクを着用しましょう。

持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

新型コロナウイルスとは
ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

(2)相談が必要な症状

※相談の目安については下記のページを参照ください。


下記の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
センターでは、症状などをお聞きしたうえで、必要な場合は、専門の「帰国者・接触者外来」などの医療機関をご紹介します。

〇少なくとも以下にいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。
・重症化しやすい方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合。

〇妊婦、小児については、早めに相談してください。

詳細は、「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」にてご確認ください。



<相談窓口>

帰国者・接触者相談センター    電話番号 開設時間
 名寄保健所  01654-3-3121  平日 8時45分~17時30分
 北海道保健福祉部
  健康安全局地域保健課 
 011-204-5020
 
 24時間

この目安は、国民の皆さまが、相談・受診する目安です。新型コロナウイルス感染症について心配される可能性がある場合は受診前に医療機関に相談してから受診するようご協力をお願いいたします。

※発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。
※発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。
※基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

参考(外部リンク)

随時情報が更新されますので、下記をご参照ください。

お問い合せ・担当窓口

保健福祉課 保健福祉グループ 保健係