北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 農業委員会
  4. 農地法第3条第2項第5号の下限面積(別段の面積)の設定

農地法第3条第2項第5号の下限面積(別段の面積)の設定

農地法第3条第2項第5号の下限面積(別段の面積)の設定について

農地の賃貸、売買、譲渡等には、耕作者の経営面積が下限面積(別段の面積)以上であることが必要です。
「農業委員会の適正な事務実施について」(20経営第5791号平成21年1月23日付け農林水産省経営局長通知)が、平成22年12月22日付けで一部改正され、農業委員会は、毎年、下限面積(別段の面積)の設定または修正の必要性について審議することになっています。

このため、美深町農業委員会では、平成31年4月24日に開催した第1回美深町農業委員会総会で、この件につき審議を行い、次のとおり決定しました。

地域 : 美深町全域
下限面積 : 2ヘクタール

別段の面積を設定しない理由

美深町では、経営規模2ヘクタール未満の農家が農地法施行規則第20号第1項第3号で定める基準の総数の100分の40を大きく下回っていること、農地の利用集積も進んでおり担い手の経営規模は拡大していること、集約的経営を行う場合は下限面積未満でも例外的に認めることが可能であり、新規就農の障害とはならないことから、別段の面積の設定は現段階では必要ないと判断しました。

お問い合せ・担当窓口

美深町農業委員会事務局