北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 総務課
  4. 総務グループ
  5. 総務係
  6. 令和2年度 町政執行方針

令和2年度 町政執行方針

令和2年度 町政執行方針 (令和2年第1回定例会)

令和2年第1回定例町議会の開会にあたり、新年度の町政執行方針を申し上げます。

昨年は、「平成」という時代が幕を閉じ、新しい「令和」の時代の幕開けとなりました。この節目の年に、平成最後となった統一地方選挙において、多くの皆様方のご支援により、再び4年間町政を担わせていただくことになりました。
これまで、町議会議員をはじめ、自治会、農業、商工業、福祉などの各団体や町民の皆さまの御理解と御協力に力強く支えられ、相互理解を深め信頼し合う中で町政運営を進めてくることができましたことに心から感謝申し上げます。

令和2年度は、平成23年度から推進してきた第5次美深町総合計画の総仕上げの年であるとともに、今後10年間のまちづくりの指針となる第6次美深町総合計画を策定する年です。
本年度は、仁宇布小中学校改築工事、西団地公営住宅建替工事、道路改良事業などの施設整備に加え、広域で設置する一般廃棄物中間処理施設整備に向けた計画策定の着手、農業、商工業の振興と担い手育成の継続など、「みんなで築く 輝くまち 美深」を基本理念とする第5次総合計画の着実な達成に意を配しました。

本年度の財政状況は、歳入においては地方交付税の維持が見込まれるほか、好調なまちづくり応援寄附金(ふるさと納税)や、入湯税の新規課税などにより町税が増加傾向にあるなど明るい見通しもある一方、歳出においては、昨年10月からの消費税率引上げなどの影響を受け物件費や人件費が増加、また、特に公共施設等の老朽化に伴う更新や維持補修にかかる経費が増大する傾向にあるなど、これまでに増して財政運営は厳しい状況にあります。

このような状況の中、令和2年度予算編成にあたっては、引き続き財政の健全性の維持を基本として、原点である「最小の予算で最大の効果」を上げることを念頭に置き、限られた財源の中で緊急度・重要度の高い事業を選択し、優先して取り組むこととしました。

令和2年度の各会計の予算額は
一般会計 5,457,200千円
国民健康保険特別会計 604,100千円
後期高齢者医療保険特別会計 81,400千円
介護保険特別会計 576,800千円
北部簡易水道事業特別会計 22,600千円
下水道事業特別会計 252,900千円
中央簡易水道事業会計 115,592千円
7会計の当初予算総額は7,110,592千円となり、骨格予算として編成した令和元年度当初予算と対比して11.10%増となりました。

 

お問い合せ・担当窓口

総務課 総務グループ 総務係