北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 総務課
  4. 総務グループ
  5. 総務係
  6. 令和3年度 町政執行方針

令和3年度 町政執行方針

令和3年度 町政執行方針 (令和3年第1回定例会)

 令和3年第1回定例会の開会にあたり、町政執行方針を申し上げます。

 昨年を振り返ると、新型コロナウイルス感染症が人々の生命、生活様式、社会経済活動をはじめ、世界規模で多面的な影響を及ぼした1年でした。
 国においては、異例の規模となった補正予算により、地方自治体と一丸となって感染拡大防止や医療提供体制強化、雇用、事業継続の確保など、あらゆる対策を講じているものの、未だ収束の見通しが立たず、感染症の影響は長期にわたることが見込まれています。
 一方で、こうした影響により、デジタル化の遅れや人口・経済機能等の一極集中など、取り組むべき課題が顕在化し、政府は、ポストコロナ時代を見据えた「新たな日常」の実現のための施策を加速するとしています。

 本町においても、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用しながら、当初予算にはなかった感染症に関する緊急の対策を数多く進めてきました。
 町民が一丸となって取り組んでいる感染防止対策により、未だ町内における感染の確認はなく、当初の危機的状況を乗り越えてきたものと考えています。
 新型コロナウイルス感染症収束のシナリオは、まだ見えていませんが、いよいよワクチン接種が始まるほか治療法も日々進歩しています。
 本町においても、今後の国や北海道の動向に合わせ、高齢者など重症化リスクの高い人を守り、感染拡大防止を図りながら、新型コロナウイルス感染症の段階的な収束と「新たな日常」への転換を見据えたまちづくりをしていかなければなりません。

 こうした中、令和3年度から始まる第6次美深町総合計画は、この感染症の影響もあって厳しいスタートとなりますが、まちの将来像を、「未来へ続く 笑顔あふれるまち 美深」と定め、誰もが安心して快適に暮らすことができるまちを目指して取り組みます。
 美しい自然環境と豊かな資源をいかした産業の振興、特色のある教育の展開、安心して暮らすための社会基盤を整備し、美深らしさが誇れるまちを目指して、前期5年間における事業計画は175億8千万円を見込みました。
計画の推進にあたっては、諸情勢の変化に対応できる柔軟な行政運営に努めるとともに、施策の計画的・効果的な実現のために、町民と行政が一体となってまちづくりに取り組んでいく必要がありますので、一層のご理解とご協力をお願いします。

 令和3年度予算は、歳入においては地方交付税が1.8%の微増のほか、好調なまちづくり応援寄附金(ふるさと納税)は前年同額を見込んでいます。
 町税では、町民税においては新型コロナウイルス感染症による所得の減少及び税制改正による影響、固定資産税においては3年に1度の評価替における課税標準額の下落を勘案し、全体で前年と比較して2.3%減少すると見込んでいます。
 基金からの繰入金が5年連続で2億円を超える厳しい財政運営が続いており、この財源不足の解消に当たっては、これまで以上に歳出削減と歳入確保に徹底して取り組む必要があります。
 歳出においては、仁宇布小中学校建替事業、西団地公営住宅建替事業及びチョウザメ飼育研究施設建設事業などの施設整備を継続するほか、美深厚生病院への電子カルテシステム導入支援、恩根内駅の存続、第三セクターの経営改善に向けた体制整備、農業、林業並びに商工業における経営の安定と向上、地域産業の活性化のための各種支援などにより、第6次総合計画に掲げる「未来へ続く 笑顔あふれるまち 美深」の実現に向けた確かな一歩に意を配しました。
 なお、未だ新型コロナウイルス感染症の先行きが見通せない状況ではありますが、「新たな日常」の実現のため、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用して、感染症拡大防止と町内経済活動の両立を図ります。

令和3年度の各会計の予算額は、
一般会計 5,220,000千円
国民健康保険特別会計 593,900千円
後期高齢者医療保険特別会計 84,100千円
介護保険特別会計 590,500千円
北部簡易水道事業特別会計 26,100千円
下水道事業特別会計 255,400千円
中央簡易水道事業会計 143,273千円
7会計の当初予算総額は6,913,273千円となり、令和2年度当初予算と対比して2.8%減となりました。

第6次美深町総合計画に掲げる5つのまちづくりの目標に沿った、町政執行の考え方は別添ファイルをご覧ください。
 

お問い合せ・担当窓口

総務課 総務グループ 総務係