北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 総務課
  4. 総務グループ
  5. 財政係
  6. 美深町の予算概要
  7. 平成20年度美深町各会計予算

平成20年度美深町各会計予算

平成20年度各会計予算の概要と編成の方針について

わが国の経済の最近の動向をみると、「世界経済の着実な回復が続くなか、企業部門においては、企業収益が改善するとともに設備投資が増加基調で推移するなど好調さを持続しており、これが家計部門へ波及するなかで個人消費が持ち直している状況であり、アメリカ経済や原油価格の動向が内外経済に与える影響等には留意する必要があるが、国内民間需要に支えられた景気回復が続く」と見込まれております。
こうした中、国の平成20年度予算は、「経済財政改革の基本方針2007」を踏まえ、引き続き「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」に沿った最大限の削減を行うこととし、平成20年度予算は、「基本方針2006」で示された歳出改革を軌道に乗せる上で極めて重要な予算と位置付られ、これまでの財政健全化の努力を今後とも継続していくこととされています。
このため、国と地方を挙げて、引き続き歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、歳出の抑制と所管を越えた予算配分の重点化・効率化を実施し、また、基礎的財政収支の改善を図ることとされています。
また、地方財政については、国・地方間のバランスを確保しつつ財政健全化を進めることとし、国の歳出の徹底した見直しと歩調を合わせ、地方公共団体の自助努力を促していくことを進め、地方財政計画の歳出規模を引き続き抑制するが、地方交付税等については、地方交付税の現行水準、地方の財政収支の状況等を勘案し、適切に対処することとしています。道においても、財政再建団体となりうる危機的な財政状況であり、道内市町村への影響も大きなものがあると考えなければなりません。
本町の財政状況は、三位一体改革に伴う影響の中で個人町民税など一定の増収は期待できるものの、地方交付税等は引き続き抑制される見込みであることから、一般財源の確保は今後益々厳しくなるものと考えられます。
一方、歳出面では、少子高齢化社会の進展等により扶助費が増加傾向にあり、また他会計(国保・老健など)への繰出金などが増大していくことから、極めて厳しい状況となっております。
これらの状況を踏まえ、平成20年度予算編成はさらに厳しい編成にならざるを得ず、より一層の経常経費の抑制と、大胆な事業の「選択と重点化」を図ることが求められています。また、新規事業や事業拡充にあっては、既存事業の徹底した見直しが必要不可欠となっています。
平成20年度予算編成にあたっては、より一層の行財政運営の合理化、効率化に努め、第4次総合計画に基づき住民福祉の着実な向上を図るまちづくりを進めていかなければならないところであります。
各課長、職員各位に置かれましては、総合計画並びに行革推進計画に即し、別紙予算編成基本方針に基づき、厳しい財政環境の中、歳出の抑制及び財源の重点かつ効率的な予算要求に努められるようお願いいたします。

平成20年度美深町当初予算の概要

お問い合せ・担当窓口

総務課 総務グループ 財政係