北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 教育委員会
  4. 幼児センター
  5. 認定こども園美深町幼児センター要覧

認定こども園美深町幼児センター要覧

はじめに

美深町幼児センターでは、認定こども園の認定を受け、内閣府や文部科学省、厚生労働省の定めた「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」に基づきお子さんの保育にあたります。

また、次のような保育目標の下に、より良い環境を整え、望ましい経験や活動によって、お子さんが心身ともに健やかに育つよう努めて参ります。

保育にかかわる全ての職員は、保護者の皆様と連携をとりながら日常の保育に携わっていきますので、保護者の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

幼児センターとは

乳幼児から小学校就学前までの子どもを一元化した施設において保育・教育し、乳幼児への保育・教育の一環した環境を整備し、さらに地域全体で子育てを支援する基盤の形成を図ることを目的としています。

小学校就学前の子どもに対する保育・教育並びに保護者に対する子育て支援の総合的な提供を推進していきます。

○ 1号認定(旧幼稚園籍)
保護者の就労にかかわらず3歳から就学前の子どもを保育します。

○ 2号・3号認定(旧保育所籍)
保護者が労働・病気賭等のために、日中、乳児・幼児を養育することができない家庭に対し、就学前の子どもを保育します。

「子どもが生き生きと活動できる場」人間形成の基礎

「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の目標が達成されるよう保育を提供します。
幼児センターと家庭が連携して、一人ひとりの成長を育くみます。
  • 幼児センターには、お友達がいます。
  • 幼児センターには、適切な遊び場があります。
  • 幼児センターでは、保護者同士の交流が図られます。
  • 専門職である保育者が子育てに関する相談に応じ、助言をします。

教育の目標・保育理念

心も体もたくましく

(1)丈夫な体のこども
「生きる力」を身につけさせる上で、知・徳・体のバランスよい発達を基盤
に、その育成に努めていきたい。

(2)良く考えるこども
自分で考え、主体的に取り組む子をめざし、課題解決能力や創造的思考力、
豊かな表現力や判断力、知的な力を育てたい。

(3)豊かな心のこども
他人を思いやる心や、人の心の痛みがわかる優しさを倍うと共に、美しさ
に感動する感性を育てたい。

(4)仲良く遊ぶ子ども
友達と協力しながら、お互いの考え方を出し合い、話し合う中で協調性を
育てると共に、良いことや悪いことを判断する力、他人を思いやる心、人の
為になろうとする気持ちなど「生きる力」を倍っていきたい。

お問い合せ・担当窓口

美深町教育委員会 幼児センター