北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 農務課
  4. 農業振興センター
  5. 土壌診断受付

土壌診断受付

イラスト:試験管
診断を希望される方は、下記の要領にて土壌サンプルを採取し、受付表と共に提出してください。

要領

(1)採取箇所の選定

イメージ画像
ひとつの圃場から、採取箇所を5箇所程度選定します。
圃場のなかで、以下のように条件が著しく異なるところは避けてください。
  • 滞水するところ
  • 常時日陰のところ
  • 肥料が多量にこぼれたところ
  • 堆肥置き場の近くや、置き場跡
  • きわめて狭い範囲で、極端に土質の異なるところ…など

(2)作物に応じた深さで土壌を採取

必要とする深さまでの土壌を採取します。
(作物によって、必要とする深さや採取方法が異なります)

このとき、表層の約2センチは除いてから掘り取ってください。
必要とする採取深度は次の通りです。
  • 維持草地/ 5センチ
  • 更新草地/25センチ
  • 水田/15センチ
  • 施設園芸/20センチ
  • 一般畑作/25センチ
  • アスパラ新植予定畑/30センチ
(ただし作土15センチ・心土15センチを分けて採り、それぞれを5箇所まとめて、1圃場につき2サンプルとしてください)
    • 図解:採取深度
図解:アスパラガス
 2年目以降のアスパラガスは、一般畑作と同様に採取してください。
右図のように、極力垂直・均等に掘り取ってください。

(3)サンプルの調整

採取した5箇所分の土壌を十分に混ぜ合わせ、1サンプルとします。(アスパラガスの作付予定圃場は、調整方法が異なります)

1箇所につき500g程度の土量となるので、5箇所分を良く混ぜ合わせ(約2.5キログラムになります)、そこから1キログラム程度を持ち込み用のビニル袋へ入れます。
アスパラガスの作付予定圃場は、5箇所分の作土をまとめて1点、心土をまとめて1点とし、1圃場あたり2点のサンプルとなります。(採取方法は、「(2)作物に応じた深さで土壌を採取」をご確認下さい)

持ち込み用のビニル袋は、スーパー・コンビニ等のレジ袋で構いません。
※混ぜ合わせた後、風通しの良い日陰で乾燥していただくと、その後の診断作業がスムーズに行われます。

(4)申込表の記入

申込表は振興センターにございます。土壌サンプル搬入時に必要事項をご記入下さい。
プリンタをお持ちの方は以下のPDFをご利用下さい。
主な必要事項は以下の通りです。
  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • JA支所名
  • 圃場番号
  • 診断区分(簡易分析=pH・ECのみ / 一般分析)
  • 前年度作物
  • 予定作物(または現作物)
  • 投入有機物の種類および投入量
ただし、診断料の助成や改良資材費の助成を受ける場合は、より詳細な情報が必要となります。
詳しくは下記“記入上の注意”をご覧下さい。

(4)サンプルの持込

土壌診断申込票とともに、JAもしくは振興センターへお持ち込み下さい。

原則として、直接、振興センターまでお持ち込み下さい。
申込票を忘れずに添付して下さい。(ビニル袋に直接記入されても結構です)

お問い合せ・担当窓口

農務課 農業振興センター