北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 保健福祉課
  4. 保健福祉グループ
  5. 保健係
  6. 子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンについて

ヒトパピローマウイルス感染症とは

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

HPVワクチン接種対象者

①対象者 1.美深町民で、中学校1年生から高校1年生の年齢に相当する女性(小学校6年生の方はお問合せ下
      さい。)
     2.キャッチアップ接種対象者の方
     平成9年4月2日~平成20年4月1日生まれの女性(対象期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日)
     ※13歳未満の接種の際には必ず保護者の同伴が必要です。ご注意ください。
     ※13歳以上16歳未満の方は同意書に保護者の自署があれば、保護者の同伴がなくても接種可能です。
     ※16歳以上の方は保護者の同伴不要です。
②接種回数・接種間隔  
     2回(1回目から6か月以上あけて2回目)
     <9価ワクチン(シルガード)>
     <注意>15歳の誕生日以降に初回接種される場合は3回接種となります。詳細はお問合せください。
③接種場所 美深厚生病院
④接種費用 無料
⑤その他  学生等で町外に居住している方又は町内での接種が難しい方はご連絡下さい。

HPVワクチンの接種による効果と副反応

ワクチン接種の効果
HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことにより、子宮頸がんの原因の90%を防ぎます。
HPVワクチンを導入することにより、子宮頸がんの前がん病変を予防する効果が示されています。また、接種が進んでいる一部の国では、子宮頸がんそのものを予防する効果があることも分かってきています。
副反応

リーフレット・関連リンク

お問い合せ・担当窓口

保健福祉課 保健福祉グループ 保健係