北海道美深町


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課からの案内
  3. 総務課
  4. 総務グループ
  5. 総務係
  6. 水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わりました

水害・土砂災害の防災情報の伝え方が変わりました

西日本を中心に大きな被害が発生した豪雨災害「平成30年7月豪雨」を教訓に、国で避難勧告等に関するガイドラインの改訂が行われました。これを受け、避難情報・災害情報は「警戒レベル」と同時に発令されるようになります。

5段階の「警戒レベル」について

災害時には、メディア、気象庁、行政などから次々と情報が発信されます。
今までは、それらの情報から自分の避難するタイミングを把握するために、災害関係の用語や危険度について理解しておく必要がありました。
そのため、避難の判断を適切に行える人が限られてしまい、逃げ遅れによる被害が発生する原因の一つとなっていました。
今回の国のガイドラインの改訂を受け、避難勧告、避難指示(緊急)当の防災情報は、「5段階の警戒レベル」で区分されることになりました。
    • 警戒レベル
特に重要な情報となるのが、警戒レベル「3」と「4」です。

「レベル3」で自力避難の難しい、あるいは避難に時間のかかる高齢者等は避難を開始してください。また、それ以外の方も避難の準備を開始してください。

「レベル4」が発令された場合、避難勧告・避難指示(緊急)の対象となる地域の全員が避難を開始してください。

「レベル5」が発令された段階では、既に堤防の決壊等、災害が発生している状態にあります。自分の命を守るための最善の行動をとってください。

「警戒レベル」運用例について

避難勧告が発令された場合、町からは以下のように避難行動の呼びかけをいたします。
  • 警戒レベル4、避難開始。
  • こちらは、美深町です。○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。
  • ○○川が氾濫する恐れのある水位に到達しました。○○自治会の方は、速やかに全員避難を開始してください。
  • 避難場所への避難が危険な場合は、近くの安全な場所に避難するか、屋内の高いところに避難してください。
上記の呼びかけ文は一例です。実際の災害の際には細部が異なる場合がありますが、「警戒レベル」と「取るべき行動」、「避難勧告等の発令」の三点を明確にしてお知らせいたします。

お問い合せ・担当窓口

総務課 総務グループ 総務係